PR

原子価と価電子

  • この会議室に新しいトピックを立てることはできません
  • この会議室ではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013/12/7 15:04
strife  新米   投稿数: 1
初めまして。
高校で化学を勉強している者です。
今回は勉強中に疑問に思ったことを質問させて頂きます。
参考書の練習問題に、「カルボカチオン、カルボアニオンの価電子数を答えよ」というものがありました。
自分はそれぞれ3つ、5つと書いたのですが、解答にはそれぞれ「The positively charged carbon atom has six valence shell electrons.」「The nagatively charged carbanion carbon has eight valence electrons」と書いてありました。
「valence」は調べてみたところ「原子価」という意味でした。
以上のように問題と解答が全く噛み合っていませんでした。
問題の訳者が間違えてしまったのか、それとも私の「原子価と価電子」に対しての理解が間違っていたのかよく分かりません。
初歩的な質問かもしれませんが、ご教授宜しくお願いします。
投票数:2 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013/12/10 10:17
ゲスト 
カルボカチオンcarbo cationは、直訳すれば炭素カチオンですがcarbon cationではありません。つまり、炭素原子から電子を1つ失って作られるカチオンC(+)ではないということです。同様に、carbo anion(しばしばcarbanion)はcarbon anion C(-)ではありません。

carbo cationは炭素上に正電荷を有する有機化学種のことです。例えば、メチルカチオンCH3(+)が典型的なカルボカチオンです。メチルカチオンの「価電子」は、strifeさんのお考えのように、炭素由来のものが3に3つの水素由来のものが3つ加わって、全部で6になります。

同様に、carboanionは炭素上に負電荷を有する有機化学種で、典型例はメチルアニオンCH3(-)です。メチルアニオンの「価電子」は、炭素由来の5に水素由来の3が加わって、全部で8になります。

炭素上の置換基が水素でなくてどのような官能基であっても、炭素の共有結合形成に供出する電子の数は1ですから、カルボカチオンの「価電子数」は6、カルボアニオンの「価電子数」は8となります。

 公孫硫
投票数:4 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013/12/11 0:27
strife  
公孫硫さん返信有難うございました。
カルボカチオン、アニオンの所はご指摘の通りC+、C-だと思いこんでいたので、もう一度参考書を読み込んでみたいと思います。
高校では『価電子とは最外殻電子の数である』と教わったのでそのように考えていました。
価電子=実際に結合に関与する電子の数、という理解で正しいでしょうか。
例えばアミノ基のN原子の価電子はN由来の5つの電子とH由来の2つの電子合わせて7つ、ということなのでしょうか。
ご教授宜しくお願いします。
投票数:2 平均点:10.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013/12/16 16:28
公孫硫 
価電子は、実際に結合に関与する電子のことですが、それは、少なくとも有機化合物の場合、最外殻の電子になります。

> 例えばアミノ基のN原子の価電子はN由来の5つの電子とH由来の2つの電子合わせて7つ、ということなのでしょうか。

そういうことですね。「○○基」の中心原子についていえば、基本的に7電子になります。そして、結合を作って8電子になって、オクテット則を満足するわけです。

 公孫硫
投票数:1 平均点:10.00

なし Re: 原子価と価電子

msg# 1.1.1.1.1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/12/20 0:27
strife 
公孫硫さんありがとうございました!
これからも有機の勉強を頑張っていきたいと思います
投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ


PR