PR

アレニウスの酸・塩基の定義について

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

なし アレニウスの酸・塩基の定義について

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013/12/17 23:57
けい 
こんにちは。
けいと申します。初めて投稿させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

質問:
アレニウスの定義で,フェノールやアンモニアは酸・塩基の分類ができるでしょうか。

説明:
ルイスやブレンステッドによる酸・塩基の定義に比べて,
アレニウスの定義はあいまいでよく分からないところがあります。

ある高校化学の教科書(東京書籍)では,
「酸とは,水に溶けて水素イオンH+を生じる物質であり,
塩基とは,水に溶けて水酸化物イオンOH-を生じる物質である。」
と書かれています。この書き方だと,
酸:水溶液が酸性
塩基:水溶液がアルカリ性
と読めます。
すると,
フェノール(pka 9.95)はアレニウス酸ではない。
アンモニア(NH3 + H2O → NH4+ + OH-)はアレニウス塩基である。
ということになります。

また別の教科書(大日本図書)では,
「酸は水溶液中で電離して水素イオンH+を生じ,
塩基は水溶液中で電離して水酸化物イオンOHーを生じる。」
と書いてあります。この書き方だと,
酸:HA → H+ + A-
塩基:MOH → M+ + OH-
と読めます。
従って,
フェノール(PheOH → PheO- + H+)はアレニウス酸である。
アンモニアはアレニウス塩基ではない。
ということになります。


もし詳しいかたがいらっしゃればアドバイスをお願いいたします。
専門は有機化学で、この分野はあまり詳しくありません。
どうぞよろしくお願いいたします。
投票数:2 平均点:10.00

  条件検索へ



PR