PR

Re: 原子価と価電子

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

なし Re: 原子価と価電子

msg# 1.1
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2013/12/10 10:17
ゲスト 
カルボカチオンcarbo cationは、直訳すれば炭素カチオンですがcarbon cationではありません。つまり、炭素原子から電子を1つ失って作られるカチオンC(+)ではないということです。同様に、carbo anion(しばしばcarbanion)はcarbon anion C(-)ではありません。

carbo cationは炭素上に正電荷を有する有機化学種のことです。例えば、メチルカチオンCH3(+)が典型的なカルボカチオンです。メチルカチオンの「価電子」は、strifeさんのお考えのように、炭素由来のものが3に3つの水素由来のものが3つ加わって、全部で6になります。

同様に、carboanionは炭素上に負電荷を有する有機化学種で、典型例はメチルアニオンCH3(-)です。メチルアニオンの「価電子」は、炭素由来の5に水素由来の3が加わって、全部で8になります。

炭素上の置換基が水素でなくてどのような官能基であっても、炭素の共有結合形成に供出する電子の数は1ですから、カルボカチオンの「価電子数」は6、カルボアニオンの「価電子数」は8となります。

 公孫硫
投票数:5 平均点:10.00

  条件検索へ



PR