PR

Re: タンパク質とNaOHの反応機構

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

なし Re: タンパク質とNaOHの反応機構

msg# 1.1
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/8/29 19:27
公孫硫 
Yusuke 様

タンパク質に水酸化ナトリウム(水溶液)を加えただけではアンモニアは発生しないのではないかと思います。加熱が必要でしょう。また、一般的には、ポリペプチド鎖が加水分解されてアンモニアが出るのではなく、アミノ酸の側鎖が加水分解されるのだと思います。タンパク質(アミノ酸)が消化されていく過程でアンモニアが発生しますが(人間はそれを尿素として排出している)、その反応は水酸化ナトリウムと加熱しただけでは起こりません。

さて、水酸化ナトリウムを加えてアンモニアを発生するアミノ酸としては、グルタミンとアスパラギンがまず第一に浮かびます。いずれも側鎖がアミドなので、強塩基性条件で加水分解されてアンモニアが生じます。

アルギニンの側鎖のグアニジン基(-NH-C(=NH)-NH2)は加水分解されると、アンモニアと二酸化炭素になります。

その他にもアンモニアが発生する可能性のある反応を考えることはできますが、ちょっと無理があるので、まずは上記の3つではないでしょうかね。

 公孫硫
投票数:14 平均点:10.00

  条件検索へ



PR