PR

化学哲学

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

こまつ

なし 化学哲学

msg# 1.7
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/6/29 13:42 | 最終変更
こまつ  スタッフ   投稿数: 70
http://www.cubeny.com/catch10-4-05.htm
|1.若いシェフは、実力をつける前に引き抜かれてしまう。
|2.若いシェフは、メディアでスター扱いされることによって、自分の実力、もしくは本業を見失ってしまう。
|3.若いシェフは、有能なシェフよりも有名でリッチなシェフになりたがっている。
|4.若いシェフは、レストランをビジネスとして理解していない。
|私は以前デビッド・ブーレーが、「今の若いスタッフは、私のレシピをマスターすることに時間とエネルギーを注ぎすぎて、 フィロソフィー(料理哲学)を学ぼうという姿勢がない」とインタビューで語っていたのを読んだことがあるけれど、 確かに現在ニューヨークに長く君臨する一流シェフは、独自のスタイルやフィロソフィーを持つ 「オリジナル」と言える存在であるのに対して、 昨今の若手シェフは、一流シェフの名前を出して、彼らの下で修行したことをアピールして、初めてメディアが取上げ、 客が呼べる存在に過ぎないのである。
|だから、一流シェフのレストランには、そうしたレジュメを必要とする野心的な若手シェフが常に働きにやってくるし、 そのスタッフのうちの誰がヘッドハントされようと、次から次へと、代わりがやってくるのである。 でも引き抜かれた若いシェフが、株分けされた蘭が大きな花を咲かせるようなサクセスを収めるケースは極めて稀で、 殆どは根が生える前に枯れてしまうものである。

 枯れずにじゃぶじゃぶのグラントの基に増殖してしまった某業界は、ふとした事件から社会の信用を失ってしまったのでした。

こまつ

# 問題:この状況に学会ができることを述べよ(30点)
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ



PR