化学の広場ホームページ>過去の話題>生化>たんぱく質変性剤について


(28) たんぱく質変性剤について
taro
2005年07月05日(火) 17時47分

たんぱく質の実験をしているのですが、たんぱく質変性剤の種類は熱や酸などの他に、どのようなものがあるのでしょうか?
また、熱や酸などのたんぱく質変性剤の使い方とその特徴を教えてください。



(29)  (Re:28)
Re:たんぱく質変性剤について
M&M
2005年07月05日(火) 18時51分

taro さん、こんにちは。

>たんぱく質の実験をしているのですが、たんぱく質変性剤の種類は熱や酸などの他に、どのようなものがあるのでしょうか?

 実験目的は何でしょうか。それと、大学生ですか? 背景が分かった方がコメントがつけやすいですね。とりあえず思いつくものをあげますと、タンパク質の変性を引き起こすものとしては
 物理的なもの:熱、超音波、高圧(数千気圧以上)、高エネルギーの電磁波(紫外線、X線、γ線)の照射
 化学的なもの(変性剤):酸、アルカリ、高濃度のアルコール類、アセトンなどの有機溶剤水溶液、尿素および尿素誘導体、グアニジン塩酸塩、サリチル酸ナトリウム、アセトアミド、ホルムアミド、ヨウ化物イオン、重金属イオン、イオン性界面活性剤などなど。
 いずれにしても適当なタンパク質化学の成書をご覧になればよいのでは。

>また、熱や酸などのたんぱく質変性剤の使い方とその特徴を教えてください。

これは実験目的と具体的なタンパク質名がわからないとアドバイスのしようがありません。



(30)  (Re:29)
ありがとうございます!
taro
2005年07月06日(水) 17時43分

M&Mさんありがとうございます!
僕は大学生です。
たんぱく質変性剤についてはもう少し本などで調べてみます。

もうひとつわからないことがあるのですが、カルボキシペプチダーゼYを使った実験をしたのですが、他のアミノ酸同士の結合を切る場合とくらべると、なぜグリシンとの結合を切る場合は反応速度が遅いのでしょうか?
いろいろな本を見てみたのですが、遅い理由が書いておらず、わからないので、その理由を教えてください。
また、その理由が書いてある本などをご存知でしたら、その本の名前も教えてください。





Copyright© 2007 FCHEM All rights reserved.