化学の広場ホームページ>過去の話題>理科>粘度について


(9937) 粘度について
高田
2005年04月22日(金) 01時01分

高3の高田といいます。粘度についてしらべていて物質が溶けると粘度がなぜ上がるのかを調べています。摩擦がおかるからと簡単にしかわかりません。もしよかったら詳しく教えていただけませんか?



(10068)  (Re:9937)
Re:粘度について
こまつ
2005年05月07日(土) 20時06分

>高3の高田といいます。粘度についてしらべていて物質が溶けると粘度がなぜ上がるのかを調べています。摩擦がおかるからと簡単にしかわかりません。もしよかったら詳しく教えていただけませんか?

 摩擦が起こる理由は、ある瞬間液体と固体(たとえばガラス管)の間に弱い科学結合が生じているからと理解できます。でも、摩擦が起きたからといって粘度が上がるとは限りません。

 小さな分子=溶媒だけ、の場合は分子同士がからまないので液体と固体の間は摩擦が起きていても、液体同士で絡み合わないので粘度が低くなります。

 物質が溶ける=大きい溶質が存在する、場合は溶質同士が絡み合い、固体との摩擦が溶質同士でうまく伝達される=粘度が高くなる。ということになります。

 実際、粘度を計測することにより分子の大きさ=分子量を推定する方法もあります。

こまつ





Copyright© 2007 FCHEM All rights reserved.