化学の広場ホームページ>過去の話題>理科>希硫酸の化学式


(8329) 希硫酸
りぃ
2004/12/05(日) 15:52

希硫酸の化学式は SO4 でいいんですか?
希硫酸の中に 硫酸H2SO4 が含まれるってどういう意味ですか?
どなたか、よかったら教えてください。
テストが近いんです!!!



(8331) (Re:8329)
Re:希硫酸
IRON28
2004/12/05(日) 17:21

#8329 りぃさんへ
なんか教科書に書いてあると思うのですが(^^;。 

>希硫酸の化学式は 
「希硫酸」というのは硫酸H2SO4の水溶液のことなので、希硫酸それ自体の
化学式はありません。希(正しくは多分「稀」)は「まれな」とか「すくない」
という意味なので、溶液だと「薄い溶液」の意味になるのでしょう。
もっとも、どのくらいの濃度なら「希」の字を使うのかの基準は聞いたこと
ないですが。

希硫酸の中に 硫酸H2SO4 が含まれるってどういう意味ですか?
上の説明でお分かりですね。


(8355) (Re:8329)
Re:希硫酸
輝(akira)
2004/12/06(月) 10:49

>希硫酸の化学式は SO4 でいいんですか?

希硫酸の化学式はH2SO4ですよ。
濃硫酸(濃度約98%)はドロドロ(?)の液体です。そしてそれを水で薄めたものが希硫酸。
(まぁ、濃度を見てもらえれば、(濃)硫酸は硫酸という液体に水が入ってるみたいな、多少変なイメージ持ってくれたほうがいいのかもしれません。そして、その比率が逆転したものが希硫酸だと思ってください。)

塩酸HClは塩化水素HClの水溶液ですよね。それと同じです。

(硫酸は濃いか薄いかで性質が異なります。それは「水の割合でこう変わる」みたいなことは理解できると思うので、教科書でもみてください。)


>希硫酸の中に 硫酸H2SO4 が含まれるってどういう意味ですか?

上に書いた通り、希硫酸は硫酸(H2SO4)を水で薄めたものですから、“希硫酸という水溶液には、H2SO4が溶けている”ということを言ってるんですよ。


(8359) (Re:8355)
Re2:希硫酸
IRON28
2004/12/06(月) 18:58

>希硫酸の化学式はH2SO4ですよ。
いや違います。お書きになっているように希硫酸は硫酸の水溶液
なのでそれ自身の化学式はありません。H2SO4は「希」硫酸ではなく
硫酸の化学式です。言葉は厳密に使い分けましょう。



(8362) (Re:8359)
Re3: 希硫酸
aromatic Kam
2004/12/07(火) 08:15

ツリーの皆さん、おじゃまします。

IRON28さん:
>いや違います。お書きになっているように希硫酸は硫酸の水溶液
>なのでそれ自身の化学式はありません。H2SO4は「希」硫酸ではなく
>硫酸の化学式です。言葉は厳密に使い分けましょう。


そういう言い方もできますが、それでは、塩酸の化学式はどうなるでしょうか。塩酸の化学式などないのだ、と主張しても、それは実際の役に立ちませんし、教育的でもありません。希釈されたりしている混合物のとき、実際に反応すると期待されている成分の化学式をもって表すのは、普通に行われていることなのではないでしょうか。
私の立場(高校教員)では、希硫酸は H2SO4 と表す、としたいと思います。


== FCHEM Forum SubManager 兼【教育】進行役 aromatic Kam / 嘉村 均



(8364) (Re:8362)
Re4: 希硫酸
IRON28
2004/12/07(火) 13:08

#8362 aromatic Kam さん
>希釈されたりしている混合物のとき、実際に反応すると期待されている成分
>の化学式をもって表すのは、普通に行われていることなのではないでしょ
>うか。
「実際に反応すると期待されている成分の化学式」が「混合物」の化学式と
して使われるという認識は化学畑を歩んできた私には全くありません。混合
物自体を表す化学式などないわけから思いつきようがないです。、たとえば
「食塩水」の化学式はNaClといいません。私もよく希塩酸や希硫酸を作って
「2N−HCl」とか「6N-H2SO4」というようなラベルを貼ったことあり
ますが、このラベルの「HCl」や「H2SO4」はあくまでも中に入っている
ものの化学式であって、「水溶液の化学式」だと思ったことは一度もありま
せん

 過去40年間のことを振り返ってみても「希硫酸の化学式は・・・」という
文はただの一度も見た記憶がないし、先生が言ったという記憶もありません。
塩酸のことですが、「塩酸は塩化水素HClの水溶液である」と習いましたが、
「塩酸の化学式はHClである」と習った記憶はありません。慣用的にそうい
う言い方が使われている例があったという記憶はありますが、それはあくまで
もぞんざいな言い方であったと認識しています。
 一般論ですが、言葉が厳密な使い方でなくぞんざいな使い方が慣用として
定着してしまうことはよくあることですが、そういう場合でも初学者にはまず
厳密な使い方を教え、しかる後に慣用的な使い方を教えるのが教育的配慮だと
思います。

繰り返しますが「希硫酸の化学式はH2SO4である」は化学的に間違った
言い方です。仮に現今の教育界では慣用的に通用しているのなら、生徒には
まず誤用であることを教えるべきではないでしょうか。




(8407) (Re:8329)
Re:希硫酸
ぞう
2004/12/14(火) 17:52

これはつまり希硫酸では解離して大部分SO4^2-イオンになっているけどちょっとくらいは解離していない分がH2SO4として残ってる〜ってことを言いたいワケなのではないかな〜と、、、思ったり、思わなかったり、
化学式ということで言えば希硫酸も濃硫酸もH2SO4でいっしょ?
塩酸はHClで水はH2Oで通ると思うぞ〜混合物だから化学式は無い〜なんてことは普通は言わない〜



(8408) (Re:8407)
Re2:希硫酸
IRON28
2004/12/14(火) 18:26

#8407 ぞうさん 

>これはつまり希硫酸では解離して大部分SO4^2-イオンになっているけど
>ちょっとくらいは解離していない分がH2SO4として残ってる〜ってことを
>言いたいワケ>なのではないかな〜と、
違う。そんなこと言いたいワケとは読めない。

>化学式ということで言えば希硫酸も濃硫酸もH2SO4でいっしょ?
違う。

>塩酸はHClで水はH2Oで通ると思うぞ
塩酸はHCLとH2Oの混合物の通称。H2Oは単独化合物。混合物と単独化合物を
混同することは間違い。
>〜混合物だから化学式は無い〜なんてことは普通は言わない〜
普通言う。混合物に化学式はない。




Copyright© 2005 FCHEM All rights reserved.