化学の広場ホームページ>過去の話題>理科>食塩水の電気分解の沈殿


(5979) 食塩水の電気分解の沈殿
ラリー
2004/07/26(月) 11:01

高2です。単1電池4個直列、陰極・陽極ともに鉛筆の芯を使って、食塩水(100gの水に15gの食塩)を電気分解したところ、一方の芯と電池を結ぶ銅線が青緑色に変色した(銅線は液面ぐらいの位置でした)ので、発生した塩素と反応して塩化銅になったと思い、変色した銅線の周りに別の銅線を取り付けて、塩化銅を作りながら?電気分解を続けたところ、全体積の三分の一程度が青緑色のもろもろになりました。いったい、これは何なのですか?
ちなみに銅線を液面から離して電気分解した場合、もろもろはできませんでした。




Copyright© 2005 FCHEM All rights reserved.