化学の広場ホームページ>過去の話題>理科>デュマ法


(5401) 高2です
もん太
2004/06/17(木) 00:41

気体についての分子量を求めることにより、気体の状態方程式について理解を深める目的で、デュマ法を用いた実験をしたのですが、、フラスコ内の溶液が気化した後も、1〜3分ほど加熱せよ。とのことだったのですが、なぜこのようなことをしたのでしょうか。
わからないんですが、分かる人教えてください。よろしくお願いします


(5403) (Re:5401)
Re:高2です
M&M
2004/06/17(木) 10:50

もん太さん、こんにちは。

>気体についての分子量を求めることにより、気体の状態方程式について
>理解を深める目的で、デュマ法を用いた実験をしたのですが、、フラス
>コ内の溶液が気化した後も、1〜3分ほど加熱せよ。とのことだったの
>ですが、なぜこのようなことをしたのでしょうか。

 デュマ法の原理がわかっていれば、すぐ理解できることですよ。使った資料液体は何でしたか。またその沸点は何℃で、加熱した恒温槽の温度は?

 気体の状態方程式を使うということは、蒸発した蒸気の体積(フラスコの体積)と、それを凝縮したときの液体の質量および、蒸気の温度が測定されなくてはなりませんね。蒸気の温度は一定になっていなければなりません。これをヒントに考えて下さい。





Copyright© 2005 FCHEM All rights reserved.