化学の広場ホームページ>過去の話題>理科>気体の問題(2)


(4633) 気体の問題A
まーくん
2004/05/08(土) 17:34

ドライアイスは1atmのもとで、-79℃で昇華する。そのときのドライアイスの密度は1.57g/cm^3である。昇華して出来た気体の体積は、1atm,27℃で、もとのドライアイスの体積の何倍になるか。

これで、状態方程式に入れて、
1×V=1.57/44×0.082×(273-79)℃よ考えたんですが、
@密度の値ってそのまま質量にしちゃって良いんですか???
A気体のドライアイスの体積と元のドライアイスの体積ってどうやって比較するのですか??

2つ続けて質問してしまった申し訳ないです。。

お願いします!!!


(4638) (Re:4633)
Re:気体の問題A
福田
2004/05/08(土) 21:08

まーくん  こんにちは

>ドライアイスは1atmのもとで、-79℃で昇華する。そのときのドライアイスの密度は1.57g/cm^3である。昇華して出来た気体の体積は、1atm,27℃で、もとのドライアイスの体積の何倍になるか。

>これで、状態方程式に入れて、
>1×V=1.57/44×0.082×(273-79)℃よ考えたんですが、
>@密度の値ってそのまま質量にしちゃって良いんですか???
>A気体のドライアイスの体積と元のドライアイスの体積ってどうやって比較するのですか??

ドライアイスは固体です 昇華してできた気体(炭酸ガス)は気体です

固体の体積と気体の堆積の比較です・・・・まーくん 勘違いに気づかれました

ドライアイス 1mol が炭酸ガス 1mol に状態変化です

ドライアイス 1molの昇華点での体積は?
炭酸ガス 1molの1atm 27℃の体積は?




(4644) (Re:4638)
Re2:気体の問題A
まーくん
2004/05/08(土) 23:33

>まーくん  こんにちは

>>ドライアイスは1atmのもとで、-79℃で昇華する。そのときのドライアイスの密度は1.57g/cm^3である。昇華して出来た気体の体積は、1atm,27℃で、もとのドライアイスの体積の何倍になるか。
>>
>>これで、状態方程式に入れて、
>>1×V=1.57/44×0.082×(273-79)℃よ考えたんですが、
>>@密度の値ってそのまま質量にしちゃって良いんですか???
>>A気体のドライアイスの体積と元のドライアイスの体積ってどうやって比較するのですか??

>ドライアイスは固体です 昇華してできた気体(炭酸ガス)は気体です

>固体の体積と気体の堆積の比較です・・・・まーくん 勘違いに気づかれました

>ドライアイス 1mol が炭酸ガス 1mol に状態変化です

>ドライアイス 1molの昇華点での体積は?
>炭酸ガス 1molの1atm 27℃の体積は?



気体でのドライアイスの体積は
V=1.57/44*0.082*300→V=0.087Lだとおもいます!!

昇華点での体積と、炭酸ガスの体積・・・。
うぅぅぅよくわかりません・・・。。。。。


(4647) (Re:4644)
Re3:気体の問題A
M&M
2004/05/09(日) 00:28

まーくん、福田さん、こんにちは。

 まーくん にお願い。発言にコメントするとき、発言の全文を引用しないようにしましょう。必要な部分だけ引用するようにして下さい。また○数字は用いないようにして下さい。

 この問題では、福田さんのアドバイスのように、ドライアイス(二酸化炭素)の物質量を1mol とすると計算が楽です。CO2 のモル質量は 44g/mol ですから、ドライアイス(固体)の密度 1.57g/cm^3 を用いると、1molの体積はどうなりますか? 密度=質量/体積 ですね。

 ドライアイス1mol の昇華点での体積=...= ,,,cm^3 =...L

 最後の体積の換算を忘れないように。



(4651) (Re:4644)
Re3:気体の問題 2
福田
2004/05/09(日) 05:44

まーくん さん こんにちは

>>炭酸ガス 1molの1atm 27℃の体積は?
>>

>気体でのドライアイスの体積は
>V=1.57/44*0.082*300→V=0.087Lだとおもいます!!

ここに勘違いがあります

気体の体積は、標準状態で1molで何Lですか

固体での体積は、体積=重量/比重 です

固体の時と気体のときの重量(物質量)は同じでなければなりません

で 1molの場合で計算するのが判り易い

>昇華点での体積と、炭酸ガスの体積・・・。
>うぅぅぅよくわかりません・・・。。。。。

ドライアイス 1molの昇華点(-79℃)での体積は ?
(固体の状態、ドライアイス 1molは何g 密度は ? )

ドライアイス1molが気化した気体(炭酸ガス、二酸化炭素)の体積は ?
(1molの炭酸ガスの標準状態での体積は ?、特定の温度・圧力での体積は ? ここで気体の状態方程式の登場です)




(4652) (Re:4651)
Re4:気体の問題 2
M&M
2004/05/09(日) 09:48

福田さん、こんにちは。

 揚げ足取りのようで申し訳ありませんが
#4651(福田さん)
>固体での体積は、体積=重量/比重 です
>固体の時と気体のときの重量(物質量)は同じでなければなりません

 体積=質量/密度 でないと両辺の次元が合いません。「重量」や「重さ」という用語はあいまいですから、使わない方がよいように思いますし、比重は無次元量です。

#4644(まーくん)
>気体でのドライアイスの体積は
>V=1.57/44*0.082*300→V=0.087Lだとおもいます!!

 気体になったらドライアイスとはいいませんが、それはともかくとして、まーくんの考えを生かすとすれば、1mol のドライアイスではなく、1.57gのドライアイスで考えることもできます。昇華点での密度=1.57g/cm^3 ですから、1.57gのドライアイスの体積=1.00cm^3 ですね。それが昇華して二酸化炭素気体(炭酸ガス)になり、27℃の温度になれば
 V=1.57/44*0.082*300
で体積は計算できます。上の計算は(→V=0.087L)は見直して下さい。間違っています。それから計算はできたら単位を入れてやりましょう。そうすると間違いが少なくなります。有効数字3桁の計算では
 V={(1.57g)/(44.0g/mol) × (0.0821atm L/Kmol) ×(300K)}/(1.00atm)
これで、g、atm、mol、K などの単位はきれいに消えて、体積の単位 L だけが残ることがわかるはずです。



(4656) (Re:4652)
熱の計算で
まーくん
2004/05/09(日) 15:00

M&Mさん、福田さん。いつも親切な指導ありがとうございます☆

わかりました☆しっかりと単位を付けて計算をしたら、
答えがでました!!!
ありがとうございました!!

また新たな質問ができてしまったのでよろしくお願いします☆





Copyright© 2005 FCHEM All rights reserved.