化学の広場ホームページ>過去の話題>理科>薬品ラベルに書いてある N とは?


(3990) ラベルに書いてあるの
科学好き
2004/03/12(金) 21:28



こんにちは 僕は中学一年生です
よく薬品のラベルを見ると、1Nや5分の1N などと書いてあるんですけどこれってなんですか
教えてください




(3991) (Re:3990)
Re:ラベルに書いてあるの
M&M
2004/03/12(金) 22:32

科学好きさん、こんにちは。

>よく薬品のラベルを見ると、1Nや5分の1N などと書いてあるんです
>けどこれってなんですか

 それは、酸やアルカリの溶液が入った試薬ビンにはってあるラベルですね。Nという記号は酸やアルカリの溶液の濃度をあらわす規定度というものの記号でした。「でした」と過去形になるのは、現在では「廃止された濃度の単位」だからです。今は規定度Nではなく モル濃度 というものを使います。その記号は mol/l または ですが、中学生の科学好きさんにとっては、まだどちらもわからないと思います。高校で学びますから、それまでは、溶液の濃度を表すものだということだけを知っておけばよいでしょう。

 でも、ちょっとだけ。濃塩酸は約12M(=12N)です。濃硫酸は約18M(=36N)です。この数字が大きいほど濃い溶液です。濃塩酸を12倍に薄めると、1M(=1N)の塩酸になります。



(4003) (Re:3991)
そこで質問
科学好き
2004/03/13(土) 14:42

M&Mさん ありがとうございます よくわかったんですけど
2つだけ質問があります。
なぜ N(規定度)という単位がなくなったんですか?
もう1つは、塩酸で1N(1M)って言うのは
濃度(%)で言うと何パーセントぐらいなんですか?
おしえてください


(4007) (Re:4003)
Re:そこで質問
M&M
2004/03/13(土) 15:56

科学好きさん、こんにちは。

>なぜ N(規定度)という単位がなくなったんですか?

N(規定度)というのは、酸や塩基の 当量 というものをもとに決めた濃度なんです。モル濃度はモルという新しい国際単位系で採用された物質の量を計る基本単位の一つをもとにした濃度なんですね。規定度モル濃度の間には一定の関係がありますが、両者を合わせて使う必要はないと国際的に判断されて廃止されることになりました。日本でももう法律的に(計量法という法律で)使ってはいけない単位とされました。単位はできるだけシンプルに統一しましょうということです。

>もう1つは、塩酸で1N(1M)って言うのは
>濃度(%)で言うと何パーセントぐらいなんですか?

約4%です。市販されている濃塩酸は約35%の塩化水素HClを含む水溶液です。この濃度は 約11.5M です。



(4009) (Re:4007)
劇物なんですか
科学好き
2004/03/13(土) 18:33

こんばんは     
M&Mさん ありがとうございます
四パーセントだと11.5モルになぜなるんですか
高校で習うって教えて頂いたんですけど
中学一年生の僕でもわかりますか?
その理由を教えてください

それと、アンモニアって普通に売っているのは劇物だけど
薬局などで売っている、気付けや、かゆみ止めに使うのは
劇物じゃないから、塩酸もある濃度以下は
劇物からはずされるって事はないんですか?



(4014) (Re:4009)
Re: 劇物なんですか
ごろにゃん!
2004/03/13(土) 23:01

科学好きさん、こんにちは。

>四パーセントだと11.5モルになぜなるんですか
>高校で習うって教えて頂いたんですけど
>中学一年生の僕でもわかりますか?

ちょっと難しいかもしれませんねえ。

中学一年生だと、たぶん化学反応式もまだ習ってないですね。元素記号もまだかな。そもそも、原子とか分子というものを習ってますか。それがわからないと非常に説明しにくいのです。もし習っているというのであれば、ある程度のことを教えることはできますけどねえ。

>それと、アンモニアって普通に売っているのは劇物だけど
>薬局などで売っている、気付けや、かゆみ止めに使うのは
>劇物じゃないから、塩酸もある濃度以下は
>劇物からはずされるって事はないんですか?

ごめんなさい。これについてはよくわかりません。

ただ、多少薄くても塩酸が危険な薬品であることにはかわりないですね。程度の問題だとは思いますが、塩酸が塩酸としての役割を果たす濃度(わかりにくい表現でごめんなさい)であれば、あまり安全なものだとは思いません。

ごろにゃん!/浅原 肇(hajime.asahara@nifty.com)
神奈川県藤沢市 最寄り駅 湘南台(小田急、相鉄、地下鉄)
2004/03/13(Sat)
-- CMN v0.41β --



(4016) (Re:4014)
Re2:劇物なんですか
M&M
2004/03/14(日) 10:06

科学好きさん、ごろにゃん!さん、こんにちは。

>四パーセントだと11.5モルになぜなるんですか

約4%というのは、1Mの塩酸のことです。35%の塩化水素水溶液(=濃塩酸)のモル濃度が11.5Mです。どうして%濃度とモル濃度がこうなるのかは、ごろにゃん!さんがお答えになっているとおり、中学1年生を終わった段階ではまだ説明できません。

 だいたいの検討としては、36%の塩化水素を含む濃塩酸が12Mですから、この濃塩酸を12分の1に薄めると1M塩酸になります。パーセント濃度の場合は36%を12分の1にすると3%になってしまい、4%ではありませんね。これは溶液の密度が関係するから、単純な比例計算では求められないのです。

>それと、アンモニアって普通に売っているのは劇物だけど
>薬局などで売っている、気付けや、かゆみ止めに使うのは
>劇物じゃないから、塩酸もある濃度以下は
>劇物からはずされるって事はないんですか?

 「毒物及び劇物取締法」という法律で決まっていることは10%を超える濃度の塩化水素HCl を含む塩酸は劇物です。ですから10%以下は劇物からはずされています。硫酸や硝酸も10%以下ははずされています。しかし、劇物からはずされているから安全というわけでもありません。使い方によっては危険ですから注意しなくてはいけません。





Copyright© 2005 FCHEM All rights reserved.