化学の広場ホームページ>過去の話題>理科>水素の燃焼について


(3661) 水素について
みみみ
2004/02/15(日) 11:26

中一で今、学年末テスト真っ最中なんですが、教科書に、『水素を燃焼すると、水になる。空気と混じると爆発する。』と書いてありました。
そこで疑問に思ったんですが、水素はH2、水はH2Oなのに、密閉して集めた水素だけの中に、Oはどこからでてきたんでしょう?

また、酸素は他のものを燃やす、水素はそれ自体が燃える、と聞きましたが、どんな違いがあるんでしょうか?


(3663) (Re:3661)
Re: 水素の燃焼について
チビマル
2004/02/15(日) 11:43

 みみみ さん,こんにちは。中1なんですね。

| 中一で今、学年末テスト真っ最中なんですが、教科書に、『水素を燃焼すると、水になる。空気と混じると爆発する。』と書いてありました。
| そこで疑問に思ったんですが、水素はH2、水はH2Oなのに、密閉して集めた水素だけの中に、Oはどこからでてきたんでしょう?

 正確には,酸素は O2 と書きます(2年で習います)。答えは,すでに みみみ さんの発言の1行目に書いてありますよ。(^o^) 「空気と混じると爆発する。」と書いてあるでしょ。そうなんです。空気中の酸素と反応して爆発するんです。

 同じことは身の回りの現象にも言えますよ。台所のガステーブルや,ガスストーブや,灯油のストーブはどうして燃えているんでしょう。そうです,これらも空気中の酸素と反応して炎を吹き上げているんです。私たち生物もそうですよ。空気中の酸素を取り入れて,それを身体の中で「燃やして」(詳しくは2年の第二分野で習います)生きるためのエネルギーを取り出しているんです。


| また、酸素は他のものを燃やす、水素はそれ自体が燃える、と聞きましたが、どんな違いがあるんでしょうか?

 これについては,先日 #3617 で同じ中1の麻美さんが同じ質問をされています。「他のものを燃やす」のが「助燃性」(または支燃性)で,「それ自体が燃える」が「可燃性」です。説明はちょっと専門的になってますけど, #3617 以降のコメントツリーを読まれることをお薦めします。

# 昨日もテレビのドラマで消防署の話をやってたみたいだけど。(^^;)

# http://iwakuni.org/fchem/index.html と,http://iwakuni.org/fchem/fchem_bbso-Manners.html は必ず読んで下さいね。(^_^)/




(3722) (Re:3663)
Re2: 水素の燃焼について
みみみ
2004/02/17(火) 21:54

チビマルさん、教えていただき、ありがとうございました。
バカですね・・・自分で書いてるのに・・。

本当に、また、馬鹿な質問しに来るかもしれませんが、つきあってくだされば光栄です。。





Copyright© 2005 FCHEM All rights reserved.