化学の広場ホームページ>過去の話題>理科>蝋の科学式


(16565) 蝋の科学式

2006年12月13日(水) 21時22分

中学3年です。

理科の酸化と還元で、
酸化銅と蝋(ろう)を同時に加熱して
銅を取り出したのですが。
蝋の化学式がわからなくて困ってます。
ちなみに、水と二酸化炭素が発生しました。



(16566)  (Re:16565)
Re:蝋の科学式
パッサーバイ
2006年12月13日(水) 22時02分

春さん、こんばんわ

蝋とは大変広義なもので、さまざまなものが存在し、その主成分もまちまちです。
中学3年では、詳しくはわからないと思うので簡単に説明すると、蝋の主成分は、すべて炭素、水素、酸素から成る分子です。これは完全燃焼すると二酸化炭素と水が発生します。
詳しくはリンクを参照してください
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9D%8B



(16570)  (Re:16566)
Re:蝋の科学式
M&M
2006年12月14日(木) 11時02分

春さん、パッサーバイさん、こんにちは。
酸化銅の還元に炭素ではなくロウを使う工夫がなされているのですね、
>蝋とは大変広義なもので、さまざまなものが存在し、その主成分もまちまちです。
おそらく実験で用いられたロウとは、普通のロウソクなどに使われているパラフィンワックスのことだと思います。これは炭化水素であり、炭素と水素からなっています。飽和炭化水素 Cn2n+2 が主成分です。nの値はいろいろで、n=16〜40 程度の混合物です。



(16575)  (Re:16565)
Re:蝋の科学式

2006年12月15日(金) 13時19分

パッサーバイさん、M&Mさん。
回答ありがとうございました。
なかなか見つからなくてこまっていたので
本当助かりました。
蝋の化学式って、難しいんですね。

ありがとうございます!!





Copyright© 2007 FCHEM All rights reserved.