化学の広場ホームページ>過去の話題>理科>〜価について


(13903) 〜価について
デクス
2006年03月22日(水) 23時42分

中2のデクスです。化学の本で六価クロムというのが出ていました。この「六価」というのは何ですか?あと鉄には二価の物と三価の物があるみたいなことが書いていたような気がします(余りよく覚えていないから違うかもしれません)。別の本ですが、酸化鉄(■)と書いてあるのと関係がありますか?教えてください



(13904)  (Re:13903)
Re:〜価について
デクス
2006年03月22日(水) 23時46分

すみません。酸化鉄の()のなかの■は、アラビア数字?の三(大文字のアイが三つあるみたいなの)です。



(13905)  (Re:13904)
Re:〜価について
リリーマルレーン
2006年03月23日(木) 08時05分

酸素の原子価は2(水素2原子と結合H2O)
アンモニアの窒素は3(水素3原子と結合NH3)
メタンの炭素は4(水素4原子と結合CH4)
・・・・・・・・・・
水素何原子と結びつくかを原子価と呼び,複数の原子価を持つものがあり、鉄には原子価2と3とがあります。
酸化第一鉄(2価)FeO、酸化第二鉄(3価)Fe2O3
クロムの場合は1価から6価までありますが、このなかでも3価と6価が安定した化合物を作ります。
6価の化合物では、重クロム酸カリウムK2Cr2O7、酸化クロムCr2O3などがあります。

Iが並んだ形のローマ数字をパソコンで表示するときは、Iを並べて打つとどのパソコンでも表示できます。
3=III、2=II



(13913)  (Re:13905)
Re:〜価について
デクス
2006年03月24日(金) 23時31分

リリーマルレーン様ありがとうございました。わかりやすかったです





Copyright© 2007 FCHEM All rights reserved.