化学の広場ホームページ>過去の話題>理科>氷筍


(13363) 氷筍
nakkun
2006年01月30日(月) 16時51分

冬にテレビなどで見かける氷筍のできかたがよくわかりません。何となく冷たい場所で、上から水滴が落ちてきて、それが凍ってできるというイメージはあるのですが、水滴が落ちたときに地面やでき始めた氷に穴があいたりしないのでしょうか?ぶつかると衝撃で凍らないような気がするのですが・・・詳しい氷筍のでき方を誰が教えて頂けると幸いです。



(13382)  (Re:13363)
Re:氷筍
公孫硫
2006年01月31日(火) 21時49分

nakkun 様

>冬にテレビなどで見かける氷筍のできかたがよくわかりません。何となく冷たい場所で、上から水滴が落ちてきて、それが凍ってできるというイメージはあるのですが、水滴が落ちたときに地面やでき始めた氷に穴があいたりしないのでしょうか?ぶつかると衝撃で凍らないような気がするのですが・・・詳しい氷筍のでき方を誰が教えて頂けると幸いです。

「冷たい場所で、上から水滴が落ちてきて、それが凍ってできる」でいいと思いますよ。ようするに、氷は非常に冷たいんです。そして、落ちてくる水は0℃に近くて、下の氷を溶かすどころか、ちょっと冷やされるとすぐに凍ってしまうんです。

 公孫硫



(13458)  (Re:13382)
Re:氷筍
リリーマルレーン
2006年02月05日(日) 20時19分

冬の立山連峰をテレビで紹介していましたが、黒部第4ダムに続く地下トンネル内の気温がとても低く、トンネルの天井から落ちてくる地下水のしずくが地面に落ちて凍りつき、次第に氷筍に成長していました。
一冬で2メートルにも成長するそうです。地下水が凍らず、地下道内は厳しい氷点下という条件で成長するようですね。





Copyright© 2007 FCHEM All rights reserved.