化学の広場ホームページ>過去の話題>理科>水の体積について


(12551) 水の体積について
ゆき
2005年11月01日(火) 15時29分

小学6年生です。水の体積について教えてください。固体、液体、気体の重さは同じでも体積が変わるのはなぜですか?自分で調べていても、分子とか圧力とか温度とかうまく理解できません。よろしくおねがいします。



(12583)  (Re:12551)
Re:水の体積について
あぐり
2005年11月04日(金) 21時24分

固体、液体、気体の重さは同じでも体積が変わります。
まず、ものは小さい粒の固まりでできているのは知っていますか。その粒を分子とか原子とかいいます。
その粒は、熱によって様子が変わります。始めに液体の状態だとしましょう。
温められると運動が盛んになります。エネルギーのたまっている子が授業中に動きたくてたまらないような感じです。そして、もっと広い空間を求めて運動場などに出て行きます。これが気体と同じ状態です。体積が大きくなります。
また、冷やされると運動が鈍くなります。寒い時に、おしくら饅頭をしたくなるのと同じ感じです。そして、狭い空間にぎゅっと固まりたくなります。これが固体の状態です。
つまり、同じ粒の数が合っても、占める体積の大きさが変わります。これが状態変化です。
熱を加える(温度変化)だけでなく、圧力の変化でも生じますが、まずは温度変化による固体、液体、気体を理解してください。





Copyright© 2007 FCHEM All rights reserved.