化学の広場ホームページ>過去の話題>日常>ボイル・シャルルの法則が自分達の生活にどう影響しているか


(2619) ボイル・シャルルの法則が自分達の生活にどう影響しているか
四季
2006年09月07日(木) 20時31分

ボイル・シャルルの法則について、それがどのような法則かよく分からなく、それがどのように自分達の生活に関って現象などは想像できないのです。
どのような現象があるか教えてください!
お願いします。



(2620)  (Re:2619)
Re:ボイル・シャルルの法則が自分達の生活にどう影響しているか
イルカ
2006年09月07日(木) 22時18分

四季さん、イルカです。

 法則自体はボイル=シャルルの法則 - Wikipediaでも読んでいただくとして。

 あまりも身近でお世話になっているからわからないのかな。

 自転車のタイヤにポンプで「よいしょ、よいしょ」と空気を注ぐと入れた空気の体積が多ければ多いほどタイヤは固くなって人が乗っても支えてくれる。
 タイヤの空気が少ないと、荷物を載せるとつぶれてしまう。

 へこんだテニスボール(軟式)をお湯で温めると膨らむ。

 空のペットボトルを冷蔵庫に入れておくとペッシャンコになる。

 暖められた空気は体積が増えて上昇気流となる。

 お吸い物の蓋が取れなくなったら暖めたらよい。

 アネロイドやフルトンの気圧計。家庭にもあるかも。

 バスのエアークッション。

 以前わが子が(と)作った<HEAD>浮沈子による握力計/ボイルの法則とパスカルの法則 </HEAD>

 まだまだいくらでもでてくると思う。

____________イルカ_________________
 [理科]小中高生の理科質問箱 ・ [日常]日常の科学
【理科父母】 ・ 【自由研究】質問箱
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

個人(@nifty)





Copyright© 2007 FCHEM All rights reserved.