化学の広場ホームページ>過去の話題>環境>環境尺


(790) 環境尺
テスラ
2007年02月25日(日) 09時21分

ラジオで小耳に挟んだんですが、岩手県のお役人さんが便利な道具を考案されたそうです。
詳しい使い勝手は知りませんが、温暖化に関して何をどれぐらい使うと二酸化炭素がどう発生するかということが計算尺の要領で簡単に求められる道具だそうです。

環境尺:http://www.pref.iwate.jp/~hp0315/kankyosyaku/kannkyosyaku.htm
岩手県HP:http://www.pref.iwate.jp/

2/25/2007 テスラ



(793)  (Re:790)
Re: 環境尺
TSUBAME
2007年03月05日(月) 12時48分

#790 テスラ さん、こんにちは。

 なかなか鋭いお役人ですね!
 対数だと、普通の人には馴染みにくいかもしれませんけど。

 とはいえ、「計算尺」って、もはや追憶の彼方の存在なような?
 時代が違えば、「岩手県」のところに「ヘンミ」とか書いてあったかもしれないですね。

2007年03月05日 <<< TSUBAME



(794)  (Re:793)
Re: 環境尺
テスラ
2007年03月06日(火) 13時22分

TSUBAMEさん、こんにちは。

> とはいえ、「計算尺」って、もはや追憶の彼方の存在なような?
> 時代が違えば、「岩手県」のところに「ヘンミ」とか書いてあったかもしれないですね。

HENMIのロゴでしたっけ?懐かしい。機械の学生になった頃、革ケース入りのを小生も含め皆一様に買い込みましたね。機械科、電気科、建築科?等幾つかの専門分野毎にスケール仕様が確か違っていたと思います。もうとうに計算尺を使う時代は去りましたが、道具として先人の編み出した技術と一時代を画したものは捨てがたく、未だに大事に持っています。

3/6/2007 テスラ



(795)  (Re:794)
Re2: 環境尺
TSUBAME
2007年03月07日(水) 06時18分

#794 テスラ さん、おはようございます。

 私も"革ケース"(今思えば贅沢!)入りのものを所有していました(というか、廃棄した記憶は無いのですが、見つかりません)。
 電池を使わない"環境仕様"のデバイスですね ^_-

 とはいえ、同じく"環境仕様"の算盤は生き残っていますが計算尺は姿を見ないのは、計算の高度化があったのでしょうかね?

 電卓もさることながら・・・ハイブリッド車の電池の処理はどうするのか?と疑問も(汗)。

2007年03月07日 <<< TSUBAME





Copyright© 2007 FCHEM All rights reserved.