化学の広場ホームページ>過去の話題>情報>国立国会図書館の WARP と Dnavi が公開


(20) 国立国会図書館のWARPとDnaviが公開
シェーマ
2002年11月01日 金曜日 22時31分

 10月公開予定で遅れていた国立国会図書館の電子情報収集事業が,今朝確認したら立ち上がっていました。今日からオープンしたようです。

・インターネット資源選択的蓄積実験事業(WARP)
  http://warp.ndl.go.jp/netwp/
・データベース・ナビゲーション・サービス(Dnavi)
  http://dnavi.ndl.go.jp/
 ※参考記事(朝日,2002/08/31)
    http://www.asahi.com/tech/asahinews/K2002083101707.html

 WARPは電子ジャーナル等を国立国会図書館のサーバに蓄積・保存するもの,Dnaviは外部データベースサイトの検索システム(リンク集)です。
 Dnaviはタイトルと運営者による短い紹介文から検索する仕様のようで,中身からは検索できません。
 今のところ,化学65件,分子11件,といった検索結果になります。

 身近なところでは,junkさんの有機化学辞典,MOLDAの吉田さんのリンク集,そして拙作分子データ集(URLは修正依頼中)などが収載されています。

 紙媒体と電子媒体の関係,未来はどうなっていくのでしょうか。

     === シェーマ/本間善夫(GEH05313) ===





Copyright© 2005 FCHEM All rights reserved.