化学の広場ホームページ>過去の話題>自由研究>純水の成分とは


(362) 純水の成分とは

2005年08月30日(火) 18時47分

すみません、さっきのメァド間違っていました;;
改めて。
純水は体に悪いといわれていますが、何故ですか。
植物でも実験したところ、確かに育ちは悪いのですが、その理由がつかめません。
ヒントだけでもよろしくお願いします。
また、何に使われているかなど、何でもいいのでよろしくお願いします。



(368) (Re:362)
Re:純水の成分とは
半可通
2005年08月30日(火) 19時43分


>純水は体に悪いといわれていますが、何故ですか。

 純水はおいしくない、というのはわかりますが、体に悪いとは思えません。誰が言っているのでしょうか?きちんと根拠のありそうなことなのでしょうか。
(ミネラルウオーターの宣伝の勇み足かな?)

>植物でも実験したところ、確かに育ちは悪いのですが、その理由がつかめません。

どのような実験をしたのでしょうか。こういう実験では「対照実験」といって、純水を使ったものと、ほかの何かを使ったものとを比較すると思いますが、「ほかの何か」が栄養分を持っているものであれば、当然純水では育ちが悪くなりますが、それは純水が悪い働きを持っているのではなく、単に栄養分を含んでいない、というだけのことですね。

>また、何に使われているかなど、何でもいいのでよろしくお願いします。

 半導体関連の精密部品の洗浄などに使われることは割と知られています。あと、単純に、精密な実験で薬品の水溶液をつくるのに使われるとおもいます。



(371) (Re:368)
Re:純水の成分とは

2005年08月30日(火) 20時48分

>
>>純水は体に悪いといわれていますが、何故ですか。
>
> 純水はおいしくない、というのはわかりますが、体に悪いとは思えません。誰が言っているのでしょうか?きちんと根拠のありそうなことなのでしょうか。
>(ミネラルウオーターの宣伝の勇み足かな?)
>
>>植物でも実験したところ、確かに育ちは悪いのですが、その理由がつかめません。
>
>どのような実験をしたのでしょうか。こういう実験では「対照実験」といって、純水を使ったものと、ほかの何かを使ったものとを比較すると思いますが、「ほかの何か」が栄養分を持っているものであれば、当然純水では育ちが悪くなりますが、それは純水が悪い働きを持っているのではなく、単に栄養分を含んでいない、というだけのことですね。
>
>>また、何に使われているかなど、何でもいいのでよろしくお願いします。
>
> 半導体関連の精密部品の洗浄などに使われることは割と知られています。あと、単純に、精密な実験で薬品の水溶液をつくるのに使われるとおもいます。
>
>
>
ありがとうございます。色々と自分では気づかないような点で、とても参考になりました。体に悪いというのは、調べた結果、純水は何でも溶かしてしまうということなので、(超純水のものほど)体内の粘膜などが溶かされると聞いたのですが、まったく別の意見などもあって、困っていたのです。
おなかを壊すというのは嘘なのでしょうか;;実際蒸留水は良くないとか・・・・。あと、蒸留水の作り方がイマイチ分からないんです。図があればそれだけでいいのですが・・・
とにかく、ありがとうございます☆



(378) (Re:371)
Re:純水の成分とは
半可通
2005年08月30日(火) 23時41分


>体に悪いというのは、調べた結果、純水は何でも溶かしてしまうということなので、(超純水のものほど)体内の粘膜などが溶かされると聞いたのですが、まったく別の意見などもあって、困っていたのです。

 ちょっと信じられない話です。H2O に何でも溶かす働きはないと思いますよ。もちろん、何も溶けていない状態のところに、普通に溶けるもの(砂糖や塩)を入れればどんどん溶けるでしょうが、純水でない「普通の水」に溶けないものが、純水になら溶ける、というのはおかしいですね。
 何かがちょっと溶け出したら、その液体はもう「純水」でなくなるのですから、「どんどん粘膜を溶かす」などということは考えにくいです。

>あと、蒸留水の作り方がイマイチ分からないんです。図があればそれだけでいいのですが・・・

 蒸留のやり方は中学校(第1分野)・高校(化学)の教科書に必ず載っていると思いますが。

http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/joutai4.html
http://members.jcom.home.ne.jp/3115965501/kagaku-ri-bihhi.htm

 これらの例では「水とアルコールを分ける」という使い方で説明されることも多いのですが、最初から水だけで蒸留させれば、蒸留水がとれます。



(372) (Re:362)
Re:純水の成分とは

2005年08月30日(火) 20時50分

>すみません、さっきのメァド間違っていました;;
>改めて。
>純水は体に悪いといわれていますが、何故ですか。
>植物でも実験したところ、確かに育ちは悪いのですが、その理由がつかめません。
>ヒントだけでもよろしくお願いします。
>また、何に使われているかなど、何でもいいのでよろしくお願いします。

追加で、対照実験としては、水道水をつかいました。純水が育ちが悪いというか、水道水に含まれているミネラル分が良いということなのでしょうか。



(381) (Re:372)
Re:純水の成分とは
イルカ
2005年08月30日(火) 23時54分

イルカです。

 純水、すなわち水は何でも溶かす性質をもっていますから、植物や動物に必要な栄養分を溶かし、体に運んでくれます。

 純水は、口に入った時点でもはや純水ではなくなるのでは?

 ただ、水から摂取される栄養分もないわけではないのですが、だからといって純水が体に悪いわけではない。・・・上手く伝わらないですね。

 いっそDHMO (Dihyrodogen Monooxide) に反対しようとかDHMO - Wikipediaは?

____________イルカ_________________
 [理科]小中高生の理科質問箱 ・ [日常]日常の科学
【理科父母】 ・ 【自由研究】質問箱
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

個人(@nifty)



(418) (Re:381)
Re:純水の成分とは

2005年09月05日(月) 18時47分

分かりました。もうレポートは提出してしまったのですが、いまいち純水についてよく分からず終わってしまいました。
結局、純水が良くないというのは純水に不純物、つまりミネラルが足りないということですか?色々なページを見ましたが、みんなバラバラ。
先生は確かに体には良くないといっていましたがぁ・・・;;結局どうなんでしょうね。
とても参考になる話、有難うございます。



(419) (Re:418)
Re:純水の成分とは
Sai
2005年09月05日(月) 19時21分

どうも

>結局、純水が良くないというのは純水に不純物、つまりミネラルが足りないということですか?色々なページを見ましたが、みんなバラバラ。
>先生は確かに体には良くないといっていましたがぁ・・・;;結局どうなんでしょうね。

ここ↓は読みましたか?
5.海水による蒸溜水の飲用清水化の開発研究
http://homepage2.nifty.com/MLRI/new_page_16.htm

自分が実験している訳では ありませんが こういうことも
あるのかな?とは思います。





Copyright© 2006 FCHEM All rights reserved.