化学の広場ホームページ>過去の話題>ほん>「トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる」


(18) トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる
Such
2004年01月03日 土曜日 00時31分


【書名】 トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる
【著者】 John Saunders (著)、大和田 智彦、夏苅 英昭 (共訳)
【出版社】 化学同人
【ISBN No.】 4759809511
【出版年月日】 2003年4月
【価格】 本体2.000円+税

【目次】
1章 血圧降下薬としてのアンジオテンシン変換酵素阻害薬
2章 アンジオテンシン‐2受容体遮断薬
3章 狭心症と高血圧症治療におけるカルシウムチャネル阻害薬
4章 抗かいよう薬としてのヒスタミンH2受容体拮抗薬
5章 胃酸分泌抑制薬としてのプロトンポンプ阻害薬
6章 うつ病の治療における中枢性セロトニンの調節薬
7章 ベンゾジアゼピン受容体に作用する催眠、抗不安、抗けいれんおよび筋弛緩薬
8章 もう一つのヒスタミン受容体:季節性アレルギー鼻炎治療薬としてのヒスタミンH1受容体拮抗薬
9章 ヌクレオシド類縁体:HIV逆転写酵素阻害作用にもとづく抗エイズ薬
10章 DNAジャイレース阻害にもとづくキノロン系抗菌薬







Copyright© 2005 FCHEM All rights reserved.