化学の広場ホームページ>過去の話題>学生>化学のない高校に通う


(164) 化学のない学校に通う
こまつ
2004/09/20(月) 17:37

 化学のない高校に通ったために、進学して人生真っ暗けになった人のライブ中継が行われているようですが、こういう事例って一般的なんでしょうか。

 もう、中学の頃から高等教育への進学を考えて高校選びをしないといけないということですね。大変な世の中になったもんだなあ。

 学会では、こういう調査はしないんでしょうか。


(165) (Re:164)
Re: 化学のない学校に通う
YASU
2004/09/20(月) 20:02

164へのコメント
こまつさん こんばんは、YASUです

化学がないと言うよりも、化学を選択したのに人数が少ないから無理矢理生物にさせられたと言うことに、私は驚くのです。


-=-=--=-=-=-=-=
YASU



(166) (Re:165)
Re2: 化学のない学校に通う
こまつ
2004/09/21(火) 00:12

 逆に、生物を取ったつもりが化学をさせられている生徒もいるかもしれません。

 小子化時代における効率的学校経営も大切なのですが、進学後人生の一大事を迎えるようでは大変なので、学校には一定の経営規模が必要であろうと考えるものです。

こまつ  そういう意味でのディスクロージャーは重要だよな


(168) (Re:166)
Re3: 化学のない学校に通う
YASU
2004/09/21(火) 13:08

166へのコメント
こまつさん こんばんは、YASUです

> 小子化時代における効率的学校経営も大切なのですが、進学後人生の一大事を迎えるようでは大変なので、学校には一定の経営規模が必要であろうと考えるものです。

一校で出来なければ、他校と提携すると言うのも有りでしょうね。
公立だと教育委員会主導で提携授業を実施できそうなのでしょうが、私学はどうなんでしょう?

情報公開は、誰がどのレベルで行うかは別として重要かも知れません...


-=-=--=-=-=-=-=
YASU



(174) (Re:168)
Re4: 化学のない学校に通う
おだ
2004/10/07(木) 22:26

 物理フォーラムの【教育】に関連発言があったので,紹介します.
 http://bbs.com.nifty.com/mes/cf_wrentC_m/FPHYS_B013/wr_sq=04100114142901847701

 私も高校で「先生がいないから地学は開講しません」と言われたクチで,「そーゆーのは入学(というか,出願)前に言ってくれないかなー」と思った記憶があります.幸いにして,無いとわかっていたら別のところへ行っただろうと思うほどショックではありませんでしたが,〜だった人には迷惑ですねぇ.


(167) (Re:165)
Re2:化学のない学校に通う
イルカ
2004/09/21(火) 02:02

YASUさん、イルカです。
>化学がないと言うよりも、化学を選択したのに人数が少ないから無理矢理生物にさせられたと言うことに、私は驚くのです。
 残念ながら、人数が少ないと講座を開設できないのです。
 息子が高校に進学したとき、何がなんでも物理と化学は理系に進めば基礎になるので、絶対にそれを選択するように薦めたのですが、人数が少なく物理が開設されませんでした。
 学校から、わざわざ謝りに来られたので、物理の教科書と指導書、そして必要な指導を受けられる様に頼み、講義は私がしました。単位はなんとかもらえましたけど・・。
 結果的に数学科に進んだので、役に立ったかどうだか??

 理系に進めば、物理や化学の知識は基礎になります。ほんとうに残念な事ですね。


____________イルカ_________________
[理科]小中高生の理科質問箱 ・ [日常]日常の科学
 ̄ ̄ ̄ ̄[化学の広場]/[物理フォーラム}共同運用になりました。 ̄ ̄ ̄




(169) (Re:167)
Re3: 化学のない学校に通う
YASU
2004/09/21(火) 13:09

167へのコメント
イルカさん こんばんは、YASUです

イルカさんのご子息は幸せですね。お父様自ら教えることが出来るのですから...

私などは、能力的には多分できる(進学塾で講師のバイトの経験もあるし...)と思いますが、宮仕えのサラリーマンは時間の自由が利かないので、我が家では難しいです。

私の上の娘は高校で理系志望ではありませんが一番好きな科目は数学で、下の娘は完全に理系志望で来年高校ですので、イルカさんの話を聞いて、学校に確認しておこうと思っています。

物理の希望者が定員に満たないと言うのは、科学技術開発が重要な国の資源となるのに、日本は将来どうなるのか大変不安になります。

高校で希望者が居ないために物理や化学の講座を開設できないと言うのは、小中学校教育に問題有りと考えざるを得ません。

科学の楽しさを教えてきていないことが明らかですね。或いは教えたくても先生方が教える環境にないのでしょうか?

経済や政治の分野に進む学生にこそ理科教育は重要だと常々思っておりますが、それ以上に極めてプライベートな家族の問題として、困ったものだと思います。


-=-=--=-=-=-=-=
YASU



(170) (Re:167)
Re3:化学のない学校に通う
IRON28
2004/09/21(火) 22:38

私が問題にしようと思ったツリーが既に立ち上がっていますね。問題の人は
私の概念では現行教育制度の犠牲者というか難民というか・・・・。
うちの高2の次女も授業を受ける科目選びと希望進路との兼ね合いで四苦八苦
して「昔はよかった」という「年寄りの決まり文句」を吐く私をイライラ
させています。いや、次女にイライラするのではなく今の教育制度に。
「なんで全科目教えないのか」と。

> 残念ながら、人数が少ないと講座を開設できないのです。
そうなんですか、今は。私は今55才ですが、私らが高校の時は生徒の希望
進路におかまいなしに理科も社会も全科目履修でした。だから、理科は生物
地学、化学、物理と全部やりました。理系志望と文系志望の違いはA,Bの違い
です。物理Bとか化学A(Bが理系)。社会も地理、日本史、世界史、倫理社会、
政治経済と全部必修。理科と社会の大学受験科目は3年になって決めたわけで
す(私は理科は化学と物理、社会は3年でやった日本史を選びました)。

 こういう制度だと今回のような「難民問題」は起きません。しかし、「つめ
こみ教育」として評判が悪いようで、今は生徒の自主性尊重と負担軽減が根
本理念のようです。しかし、今回のことが示しているようにこんな制度は、結
局、生徒の将来のためならないわけです。職業選択はおろか自己実現の幅さえ
狭めてしまうので、広く言えば人権侵害教育だと思います。つまりゆとり教育
は人権侵害教育です!

 そもそも教育の基本は「強制性」にあるはずです。つまり、子供の将来を第
一に考え、子供としての自主性をある程度無視して教えるべきことを大人の
側で一方的に決めて教え込む(子供に勉強の意味など説明無用)、これが教育
の基本構図たるべきです。そして強制という大枠のなかで自主性尊重を適宜盛
り込む(強制性を露呈させないでうまく指導するとか)というのが本来の形だ
と思います。今の教育制度はおそらく強制性を否定しているようですが(強制
という言葉にアレルギーを感じる教師が多いのと違いますか?)、たぶんこれ
が根本的な間違いなのでしょう。私の抱く「本来の教育」を典型的に示すのは
湯川秀樹博士が幼少のころ受けたという「漢文の素読・暗唱の強制」ですな
(^^;。「読書百篇意自ずから通ず」の境地に達するまでやらされる。
私は実際にはこんな教育受けたことありませんが,受けた湯川先生がうらや
ましいとの気持ちは濃厚に持っております(^^;。



(171) (Re:170)
掲示板のテーマに沿って使い分けをしてください
おだ
2004/09/21(火) 22:51

 進行役です.とりあえずツリーの最後にコメントするんですが...

 現役(もしくは未来)の学生が何かがんばったらどうにかできそうな話はこちらで.
 先生方に何かがんばってなんとかしてもらいたい話は【教育】でどうぞ.



(172) (Re:170)
Re4:化学のない学校に通う
こまつ
2004/09/23(木) 11:16

 もう私も学生ではないので、思い出話になるのですが、

>私らが高校の時は生徒の希望
>進路におかまいなしに理科も社会も全科目履修でした。

 私もそうでした。私の頃は1,2年が理科1で4科目履修、3年で選択2科目という形です。

 こんなまねする高校はどこにも残ってないんでしょうね…

こまつ


(173) (Re:170)
Re4:化学のない学校に通う
こまつ
2004/09/23(木) 11:38

>つまりゆとり教育
>は人権侵害教育です!

 ゆとり教育というのは生徒にたくさんの知識を詰め込んであげること、それによって生徒にはゆとりが生まれるから、これこそがゆとり教育である…

と、いうお話をどこかで聞いた記憶があります。

こまつ




Copyright© 2005 FCHEM All rights reserved.