化学の広場ホームページ>過去の話題>教育>溶媒の交換速度について


(284) 溶媒の交換速度について
うっし
2006年08月05日(土) 20時33分

はじめまして、工学部在籍3年のものです。いろいろ、ネットで調べたので良くわかりませんでした。どなたかご教授願います。

水溶媒中において、リチウムイオン、ナトリウムイオン、カリウムイオンの順に溶媒との交換速度が増加する理由はどうしてでしょうか。



(285)  (Re:284)
Re: 溶媒の交換速度について
aromatic Kam
2006年08月06日(日) 21時57分

うっしさん、こんにちは。

>水溶媒中において、リチウムイオン、ナトリウムイオン、カリウムイオンの順に
>溶媒との交換速度が増加する理由はどうしてでしょうか。


これは、それぞれの金属イオンが水溶液中で拡散する速度が、という意味でしょうか?

== 【化学教育】【情報授業】【情報教育】進行役 ==  aromatic Kam / 嘉村 均



(286)  (Re:285)
Re: 溶媒の交換速度について
うっし
2006年08月07日(月) 11時26分

aromatic Kamさまレスありがとうございます。

>これは、それぞれの金属イオンが水溶液中で拡散する速度が、という意味でしょうか?

とのことなのですが、おそらく拡散という意味ではなくて、たとえばあるイオンに溶媒和している水分子と溶媒和していない近傍にいる水分子との交換速度ということであると思います。つまり、拡散の効果は無視して、イオンの大きさや電荷とかを考慮に入れた問題ではないかと考えております。



(287)  (Re:284)
Re:溶媒の交換速度について
IRON28
2006年08月07日(月) 21時37分



>水溶媒中において、リチウムイオン、ナトリウムイオン、カリウムイオンの
>順に溶媒との交換速度が増加する理由はどうしてでしょうか
Li+、Na+、K+の順にイオン半径が大きくなるので、この順に溶媒分子との
化学結合力が弱まります。これに関係してませんか?



(288)  (Re:287)
Re:溶媒の交換速度について
うっし
2006年08月07日(月) 23時08分

IRON28さんありがとうございます。
なるほど、
Li+→Na+→K+の順にイオン半径が大きくなるので、
静電的な引力が弱まり、水分子が交換されやすい
ということですね。
納得しました。ご教授いただきありがとうございました。
心からお礼申し上げます。





Copyright© 2007 FCHEM All rights reserved.